FXの本とセミナーどっちのが参考になる?

為替レートについて

為替(かわせ)とは、現金以外の方法によって、金銭を決済する方法の総称です。FXもそのうちのひとつで、通貨を交換するときの比率は為替レートと呼ばれています。
為替レートはその国に関するさまざまなことが絡み合っているので、一定ではなく、常に変動しています。経済的な理由、貿易収支、政治体制、企業収益など多岐にわたります。
例えば、日本とアメリカで円とドルを見てみた場合、世界的に見て通貨の価値がどちらのほうが高いかが判断され、そのときにアメリカドルよりも日本円のほうが価値が高いとなると、円高になります。
これが、他の各国同士で行われるので、円がドルよりも強かったとしても、他の通貨より弱いことは普通にあります。ドルよりは強いけれど、ユーロに対しては弱いなど、値動きは違います。
只、よく似た値動きをする通貨は幾つもあります。ドルに対して円が強くなれば、ドルに対してスイスのフランも強くなる傾向にあります。これは世界的に見た場合、日本とスイスの立場が似ているからという側面があるからです。

このように見てみると、為替レートの値動きが似ている通貨ペアがいくつもあります。さまざまな要因が重なり合っているので、一概には同じとは言えませんが、よく似た動きをしますので、取引の目安に使うことが可能です。

© 2007 FXの本とセミナーどっちのが参考になる?