FXの本とセミナーどっちのが参考になる?

取引を始めるために必要なこと

外貨を取引することで利益を得る、外国為替証拠金取引であるFX。このFXの取引を始めるためには、具体的にどのような準備が必要になるのでしょうか。まずFXの取引を始めるためには、FX会社に口座を開設しなければなりません。最近はFXを扱う会社がたくさんあって、どこを選べばいいか迷ってしまうかもしれません。そんなときはまずインターネットを活用して、FX会社についていろいろと調べてみましょう。ほとんどのところでは資料請求は無料になっているので、気になった会社すべてに資料請求してみるのもよいかもしれません。

FX会社から資料を取り寄せたら、預けなければならない証拠金の最低金額や取引手数料、レバレッジなどといった、取引に必要なさまざまなことを比較して、自分にピッタリなFX会社を選びましょう。会社を決めたら、次に必要なのは口座開設の手続きです。ほとんどのFX会社ではウェブサイトから口座開設の申し込み手続きができるようになっています。

さて、口座開設に申し込むと、1週間ほどの審査期間を経て口座が開設されます。その際、口座開設のお知らせと一緒に取引に必要なIDやパスワードなども送られてきます。これを使ってFX会社のウェブサイトからログインすると、あなたの取引ページにアクセスすることができるんですよ。ログインができたら、FX会社の口座に証拠金を振り込めばいよいよFX取引の開始です。

FXで取引を始めるためには、こうした手続きが必要になります。証拠金を口座に振り込んだり、取引で得た利益を手元に引き出したりする際にはネット銀行に口座を持っていると便利。できれば口座開設の申し込み手続きと同時に、ネット銀行に口座開設もしておくとよいかもしれません。

© 2007 FXの本とセミナーどっちのが参考になる?