FXの本とセミナーどっちのが参考になる?

消費税の増税分は誰が負担するのか

"消費税の税率の引き上げることが国会できまりました。これによって、今すぐではないにせよ、やがて消費税率が上がることになります。

消費税は、広く国民に公平な負担を……と法案に賛成する議員の方々は言いますが、果たして消費税増税の効果は公平に負担されるのでしょうか。

例えば大手メーカーの下請け工場などでは、部品の値段にかかる消費税分の負担をメーカーから強いられることがあると言われています。これが「ことがある」程度の頻度で起こっているなら、きっとニュースにならないでしょう。知り合いのそのような立場の工場の関係者によれば、これは「ことがある」ではなくて「ことになる」に限りなく近い状況のようです。

国会議員の方々は、それが国のため国民のためと思って国のシステムを決めているのでしょうけれど、それが本当に現状に合った判断なのか、実は法案をつくっている官僚にとって都合が良いだけで、国民にとって、あるいは国にとっては、本当はずっと大きな悪影響がでるのではないか、ということまできちんと考えているのか疑問になることがあります。

月収が100万円ある人にとって、消費税が高くなったら、贅沢品の購入をちょっと抑えればよいのでしょうが、月収が10万円そこそこの人にとっては、もう抑えることも削ることもできないところで、厳しい選択を迫られることになるでしょう。結局、増税による負担は、低所得の方々がより大きく負うということにもなりかねません。

その辺のところを、月収が100万円を超えている国会議員の方々がきちんと考えられるのかどうか、大いに疑問に感じる今日このごろです。
"

© 2007 FXの本とセミナーどっちのが参考になる?